【公共職業訓練】3回目の「失業手当」が振り込まれました。これが最後の振込かと思うと感慨深い・・

職業訓練

2019年夏に退職。
その後3ヶ月間、公共職業訓練に通っていました。

10月から訓練スタートして、12月末に訓練終了。
・10月分・・11月中旬入金
・11月分・・12月中旬入金

そして今回最後となる12月分は1月中旬に振り込まれました。

スポンサーリンク

振込金額

気になる12月振込金額は、こちら。

基本手当

5,000円くらい(基本手当)×29日=145,000円くらい

・訓練開始日から数えて、土日祝を合わせた日数分。
・(基本手当)の金額は離職前の給料により決まってきます。

受講手当

500円×3日=1,500円

実際に受講した日に応じ、40日を限度として1日あたり500円支給。
私の場合、
10月=19日。
11月=18日 受講していたので、
12月=3日分の支給。

通所手当

5,000円くらい

自宅から訓練施設までの公共交通機関定期代、経費の実費が支給

3つの手当を合わせて、
合計151,500円くらいの金額が入金されました。

失業手当まとめ

3ヶ月間の公共職業訓練が終了しました。

通常の失業手当に加えて、
・「受講手当」・・教室に通った日数×500円
 (40日分が限度)
・「通所手当」・・通勤手当みたいなもの

をいただきました。

そして何よりも3ヶ月間訓練に通うことにより
再就職に向けてプラスとなる技能
共に頑張る仲間
を手にすることが出来ました。

「退職しなければ良かった?」
「安易に会社を辞めなければ良かったかも?」

今でもふと考えることがあるけれども、
これだけは言えます。

公共職業訓練に通って良かった!