【パートの残業】会計年度任用職員の残業について考える。

夕方の風景 パート

会計年度任用職員として2020年4月に雇われました。
勤務先は、市の施設。
こちらでパート事務員として働いてます。

スポンサーリンク

パートの勤務時間

パートの勤務時間は、朝9時~夕方17時まで。
求人広告に書いていたのは
「残業あり、月10時間以内」

私の働いている部署では比較的、残業がありません。
17時を回ると
「お疲れ様でーす」とみんな帰っていきます。

正社員(公務員)の方々も定時で退社。

パートでも残業のある部署

同じ施設内にある他部署。
こちらは毎日、残業つづきらしい。
20時であったり、21時であったり、、

パートなのに残業つづき、って変じゃない!?

違和感を覚えるのですが、当部署の方々は
残業することに疑問を感じておられないみたいで・・

正社員とパートの違い

以前、勤務していた民間会社では、
残業は正社員の仕事。
パートは
定時に退社してよい、、という暗黙のルールがありました。

正社員はそれなりの給与をもらい、待遇が良い。
でもパートは安い時給で働いてる身分だから。

でも会社によって考え方が違うのですね。。

パートで残業になったら・・

もし残業することになったら、どうするだろう?
とりあえず仕事は責任もって全うするけれど、
そのうち、残業しないと回らないほどの仕事の量になったら・・

残業ありきの仕事になってしまったら・・

そうなったら転職を考えてしまうかな。

パート勤務で、毎日21時まで仕事なんてしたくない

甘いのかな、この考え方は。
でも、自分の人生、仕事ばかりで埋め尽くされたくない。

会計年度任用職員なので、いつ雇用を切られるかわからない。
いつ転職活動をするかわからない。

そんな時のためにも
常に自分自身のスキルだけは保っていたい。

・・と言っても自分自身のPCスキルなんて大したことないんだけど・・笑